カードローン借り換え金利比較ランキング@カリカエル

MENU

失敗しない!借り換えローンの選び方

借り換えローンやおまとめローンは増えています。
比較するのも難しいほどに多くのローンがあり、「どこを選べばよいのか?」非常にわかりにくいものです。

 

そこで人気の借り換えローンを厳選し、徹底的に比較してみました!
初めてのカードローン借り換えでも、コレだけ知っておけばもう安心です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンの違い

消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンの違い

 

消費者金融には総量規制に基づいたおまとめローンがあります。
これは専用ローンとなっており、目的はその名の通り「おまとめをすること」です。
どういうことなのか、わかりづらいかもしれません。

 

それでは、消費者金融で借り換えするのと、銀行カードローンで借り換えをする目的をみてみましょう!

 

消費者金融の借り換えローン

消費者金融の借り換えローンは専用プランです。
そのため他社(貸金業者に限る)からの借り入れを完済する金額を借り入れ、その返済をしていくことを専門としています。
新たに融資を受けることはできずに、まとめることだけに的を絞ったローンになっています。
おまとめを専門としていることから、審査が柔軟に行われるなどメリットもあります。

 

消費者金融の借り換えローンはこちらのページで解説

 

銀行カードローンで借り換え

一方で、銀行カードローンは使いやすいのも特徴です。
通常のカードローンとして利用することになるため、現在借入がある方であればおわかりになるかと思いますが、通常カードローンと同じように借り入れや返済をすることができます。

 

専用のおまとめローンのように毎月一度の口座引き落としのみとなっているものではなく、それ以上の返済をすることもでき、また余裕があるときには随時返済も行うことができます。

 

銀行カードローン優秀ポイントを調べるなら、ATM利用手数料が無料であるかもチェックしましょう!

 

大きな金額の借り換えとなって返済期間が長期に渡る場合も、利用方法がたくさんあると安心です。自分の都合の良い方法で無理なく返済していくことができると、やはりそれだけ完済に近づきやすくなるでしょう。

 

ローンとして優秀な金融商品は、やはり借り換え商品として利用しても優秀であると言えます。

 

カードローン借り換えランキング

 

オリックス銀行

オリックス銀行の特徴

  • 借り換え・おまとめOK!
  • 大口融資は低金利
  • 口座不要、来店不要
  • ATM利用手数料無料
  • 300万円まで収入証明不要

年利 3.0%〜17.8%
限度額 最高800万円
評価 評価5
オリックス銀行の総評

借り換えといえばオリックス銀行カードローンの金利がお得です。また返済にも手数料がかからない方法が充実しているため長い返済でも無駄がありません。口座引き落としに利用手数料無料のATM返済を追加することで計画的に完済を早めることができます。

 
 

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の特徴

  • 最短即日融資可能
  • 口座不要
  • ATM利用手数料無料
  • インターネット申し込みなら最短30分で審査回答
  • 100万円まで収入証明不要

年利 4.6%〜14.6%
限度額 500万円
評価 評価4
三菱東京UFJ銀行の総評

三菱東京UFJ銀行本支店内にあるテレビ窓口で契約をすることができその場でカードの受け取りも可能です。インターネット申し込みと併用するとより時間が短くなるでしょう。ATM利用手数料無料となっていますが利用できるATMが少ないため確認が必要です。

 
 

みずほ銀行

みずほ銀行の特徴

  • 口座開設必須
  • 返済は原則口座引き落とし(任意返済可能)
  • 200万円まで収入証明不要

年利 年4.0%〜14.0%
限度額 1,000万円
評価 評価4
みずほ銀行の総評

口座の開設が必要となるため、新たに開設する場合には郵送を含めると利用開始までには1ヶ月の余裕を持たなくてはなりません。返済は口座引き落としとなりますが、任意返済はATMから行うことができます。その際にも口座引き落としは行われますので計画を立てましょう。

 

 

カードローンを借り換えすること

 

頑張ってカードローンでの借り入れを返済しているのに、なかなか残高が減っていかない


 

完済が見えないので、なんとなく遅れがちになってしまう


こんな場合にはカードローンの借り換えを検討してみませんか?

 

カードローンを借り換えすること

 

カードローンの返済において最終的なゴールである完済により早く近づくためには、そのまま漫然と返済を続けているのでなく見直す必要があります。

 

銀行カードローンは専用ではないだけに、審査が厳しいと思わるかもしれません。
申し込みはどのようになっているのかみてみましょう!

 

  オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
カード オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
来店不要契約
口座開設 不要 不要 必要
申込から融資までの期間 契約後、最短即日 最短即日 最短当日(口座開設郵送は1か月程度)
利用条件 満20歳以上65歳以下 満20歳以上65歳未満 満20歳以上66歳未満
毎月安定した収入があること 国内に居住する 安定した収入
日本国内に在住
※外国籍の方は、永住者または特別永住者の方
保証会社による保証が受けられる 保証会社による保証が受けられる
保証会社の保証が受けられる 学生、専業主婦利用可能
(学生10万円、専業主婦30万円まで)
専業主婦利用可能(30万円まで)
申し込み 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

口座開設が不要である、それによって大きく時間を短縮することができます。
みずほ銀行カードローンでは口座が必須となるため、郵送でのやり取りを選択すると利用開始までには1か月ほどかかってしまいます。

 

申込みに必要な書類も面倒なものはなく、また利用条件も厳しいものはないでしょう。
ハードルを感じていたのは「銀行」という大きなブランドだったのかもしれません。
実際に比較をしてみると難しいものではないことがわかります。

 

それではおまとめをするために、現在の状況を整理してみましょう!

 

  • 借り入れ件数
  • 借り入れ総額
  • 各社の金利
  • 各社の返済額
  • 各社の返済日
  • 返済手数料

 

個ららの項目を調べることで無駄があることがわかるはずです。
毎月返済は流されるように行っていれば返済総額は増えていきます。
手数料も借り入れ件数分支払っているかもしれません。
借入先それぞれの返済システムが異なることによって状況が混乱している、それが正直なところではないでしょうか。
おまとめをすることによって、今の状況を改善することも可能です。

 

 

借り換えることで状況を明確にして返済について考える余裕が出てきます。


 

低金利で利息を減らすこと

早く返済してしまいたい時には、借り換え専用ローンを選ぶことには確かにメリットがあります。
その理由は「借り換えをするための商品」であるだけに、借り入れ件数が多少多くても審査は柔軟に行われる傾向があるからです。

 

少しでも金利が低いところに借り換えをすることで、返済総額を減らすことや返済期間を短くすることができます。申し込み時には小さな違いと気にしていなかった金利の違いは、借入額などによっても大きな違いとなって響きます。

 

現在利用中のカードローンよりも金利が低いところを探すことで、返済の負担を軽くすることができます。

 

低金利で利息を減らすこと

 

カードローンは、借り換えができないというイメージがあるかもしれません。
実は資金使途自由となっており、その範囲で借り換えとして活用することができます。

 

  オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
カード オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
実質年率 3.0%〜17.8% 4.6%〜14.6% 4.0%〜14.0%
限度額100万円万円時の実質年率 9.0%〜14.8% 12.60% 12.00%
最大融資限度額 800万円 500万円 1,000万円
申し込み 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

低金利を調べるためには上限金利の比較だけでは意味がありません。
借り換えをしたい金額では、適用される金利がどの程度になるのかを比較しましょう!

 

上限金利が適用される範囲で少額キャッシングをするのであれば、3社の比較をするとみずほ銀行カードローンの金利がお得になっています。
しかし、カードローンの借り換えとなるとどうでしょうか?

 

例えば、100万円の借り換えをするとなれば、オリックス銀行カードローンの金利が低いことがわかります。

 

借り換えを計画中の方は、借り換えローンを中心に検索したり検討したりしているでしょう。しかし一度、他のカードローンなどに範囲を広げて探してみるのも良いでしょう。

 

現在のローンの利用状況、さらに借り換えにおいてもっとも優先したいこと、「完済してしまいたい」「金利を下げてラクにしたい」「毎月の返済額を減らしたい」などをシッカリと決めると、どのような借り換えローンを利用するのかは自ずと決まってきます。

 

返済に自由があること

毎月(あるいは35日ごと)の約定返済日に店舗などに行って返さなければいけない、特に負担に感じていなければいいのですが、わざわざ行くことが面倒になってしまっている場合などは要注意です。

 

「後で行けばいいか」「明日にしてしまっても問題ないか」といったように、少しずつ返済日に関して遅れがちになってしまうのです。

 

借り換えをしても専用ローンであれば、返済は月に一度の口座引き落としとなり、計画を立てることは難しくなります。

 

銀行カードローンは「カードローン」として利用するため返済方法にも自由があります。
今は多彩な返済方法を採用している金融機関も多く、手数料の点などからも自分にとって返済しやすい方法を選ぶことができるようになっています。

 

返済に自由があること

 

現在利用中の金融機関が返済方法を限定している場合などは、色々な返済方法があるカードローンへの借り換えを考えてみることもよいでしょう。
とにかく返済の負担をすべてにおいて減らすこと、手間や返済にかける時間を短くするということも完済へ近づくことになります。

 

また、カードローンでの完済をより早くしたい場合は、繰上返済随時返済も取り入れていく必要があります。
お金に少しでも余裕ができればすぐに返済してしまうことで、その期間の利息を軽減することができます。

 

  オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
カード オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
返済方法 口座振替 口座振替(三菱東京UFJ銀行口座のみ) 口座振替
ATM(利用手数料無料) ATM(利用手数料無料) 任意返済(ATM)
銀行振込 銀行振込  
明細書 WEBで確認 自宅への郵送無し 自宅への郵送無し
申し込み 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

返済方法も比較してみると若干の違いがあることがわかります。
いつでも返済ができる方法としてATM利用手数料無料は魅力的です。
これから毎月行っていかなければならない返済だからこそ、比較する必要があります。

 

 

随時返済などでも手数料がかからず、いつでもサッと返すことができるカードローンなどに借り換えることも完済に近づくコツとなるでしょう!


 

カードローンの完済には「絶対に完済しよう!」という強い意志も必要になりますし、その気持ちを保つことも大切なことになります。
借り換えによって、返済モチベーションをアップさせる効果も狙えるはずです。

 

低金利のオリックス銀行カードローンを借り換えにおすすめする理由

カードローンの中でも金利が最低水準なのがオリックス銀行カードローンです。
金利の低さから、ぜひ検討して頂きたいのが、カードローンの借り換えとしての利用です。

 

オリックス銀行カードローン

 

上限金利だけを見れば17.8%と消費者金融と変わらないと思われることでしょう。
しかし、オリックス銀行カードローンはおまとめ・借り換えの大口融資にこそ威力を発揮する金利があります。

 

オリックス銀行カードローンの金利は年3.0%〜17.8%となっています。
これは借り入れ限度額に応じて決まりますので、限度額が大きければ大きいほど金利は低くなる傾向にあります。

 

現在利用しているカードローンと金利を比較してみましょう!
オリックス銀行カードローンの低金利に納得いただけるのではないでしょうか。

 

コース 利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 3.0%〜4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%〜5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%〜8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 6.0%〜12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 9.0%〜14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%〜17.8%

 

借り入れ限度額によって10コースにオリックス銀行カードローンは分かれています。
100万円未満コースなら12.0%〜17.8%、100万円コースと150万円コースでは9.0%〜14.8%と金利の低さが際立っています。

 

また、オリックス銀行カードローンは利用限度額が最高800万円と大型の借り入れが可能になっています。
現在の借り入れが複数のローンで、大きな金額でも借り換えができる可能性が高いといえるでしょう。

 

オリックス銀行カードローン