カードローン借り換え審査比較ランキング

カードローン借り換えは完済への近道

「がんばってカードローンでの借り入れを返済しているのに、なかなか残高が減っていかない。」「完済が見えないので、なんとなく遅れがちになってしまう。」こんな場合にはカードローンの借り換えを検討してみませんか?

 

カードローンの返済において最終的なゴールである完済により早く近づくためには、そのまま漫然と返済を続けているのでなく見直す必要があります。借り換え時に見直しをするポイントはまずは金利が挙げられるでしょう。

 

金利

少しでも金利が低いところに借り換えをすることで、返済総額を減らすことや返済期間を短くすることもできるかもしれません。申し込み時には小さな違いと気にしていなかった金利の違いは、借入額などによっても大きな違いとなって響いてくることもあるのです。

 

金利の低さは確かにカードローン利用時に重要度は高いものです。しかし、借り換えのポイントには金利以外のものも挙げられます。現在の返済にかかる手間に関してどうなっているのかを考えてみましょう。

 

返済

毎月(あるいは35日ごと)の約定返済日に店舗などに行って返さなければいけない、特に負担に感じていなければいいのですがわざわざ行くことが面倒になってしまっている場合などは要注意です。「後で行けばいいか。」「明日にしてしまっても問題ないか。」といったように少しずつ返済日に関して遅れがちになってしまうのです。

 

今は多彩な返済方法を採用している金融機関も多く、手数料の点などからも自分にとって返済しやすい方法を選ぶことができるようになっています。現在利用中の金融機関が返済方法を限定している場合などは、色々な返済方法があるカードローンへの借り換えを考えてみることもよいでしょう。とにかく返済の負担をすべてにおいて減らすこと、手間や返済にかける時間を短くするということも完済へ近づくことになります。

 

また、カードローンでの完済をより早くしたい場合は、繰り上げ返済や随時返済も取り入れていく必要があります。お金に少しでも余裕ができればすぐに返済してしまうことで、その期間の利息を軽減することができます。随時返済などでも手数料がかからず、いつでもさっと返すことができるカードローンなどに借り換えることも完済に近づくコツとなるでしょう。

 

現在の借り入れを見直すことで、よりよい借り換え先は見つかりやすくなります。金利や返済方法などを比較しやすくなりますし、現在の不足や不満を改善できるローンを探せばよいわけですから分かりやすいのではないでしょうか。ネットを利用することによってローンを比べやすくなっています。急ぎの借り入れよりも検討する時間がとれるはずですから、できるだけたくさんのローンを比較することをおすすめします。

 

カードローンの完済には「絶対に完済しよう!」という強い意志も必要になりますし、その気持ちを保つことも大切なことになります。借り換えによって、返済モチベーションをアップさせる効果も狙えるはずです。じっくり検討してよりよい借り換え先を見つけましょう。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円 審査完了後
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)

 

どんな時に借り換えたほうがよい?

現在カードローンを利用中の方、なんとなく返済が大変だなと感じている方も多いかもしれませんね。しかし、実際に借り換えをするとなると少し手間なども気になります。どんな時に借り換えたほうがよいのでしょうか?

 

まず、返済がかなり長期に渡っているのに、借入残高の減りを感じられていない方は一度返済計画も併せて見直す必要があるかもしれません。「返しても返しても減らない…。」この状況に陥っている方は、ローンの利用状況も見直してみましょう。返したと思ったらまたちょっと借りて…というループになってしまっていることがあるのです。

 

返済計画の見直しを踏まえて、金利をまずは見てみましょう。ずっと以前に借り入れをしている方は、意外と高金利のままで返済を続けていることも多いのです。カードローン商品はどんどん新しく金利が低く使いやすいものが登場してきています。一度借りてしまえばあまり新しい金融商品などに注目しない方も多いのですが、新しい情報を見ることはとても大切なことになるでしょう。

 

金利が少しでも低く、返済総額を抑えることができるローン商品を見つけることができればやはり借り換えをしたほうがよいでしょう。しかし、一社から一社への借り換えなら単純に金利が低いところなどを選べばよいのですが、複数社の借り入れを一社にまとめる場合は返済期間が長くなってしまうこともあります。自分が月々の負担をできるだけ減らしたい借り換えなのか、月々の返済額は多少上がってもより早く完済してしまいたいのかという借り換えに対する計画をしっかりと立てる必要があります。

 

借り換えの難しさは、なんでもよいということではないことです。金利だけのことを考えていると、たとえ金利が下がっても他での使い勝手が悪すぎて結局延滞になってしまうというケースも想定できます。

 

カードローン商品はどこか一点だけが優れていても、必ずしも使いやすいとは限りません。自分の借り入れや返済計画を立て、それに適しているかどうか、使いやすいかどうかということは自分でしっかりと判断しなければならないのです。

 

幸いにして借り換えでは借り入れ経験者ということになりますので、今利用中のカードローンを参考にどういったローンに借り換えればより都合がよいのかということは検討しやすくなっているはずなのです。